観る
遊ぶ
学ぶ
食べる
泊まる
買う

逢初川(あいそめがわ)

初逢川1

児湯の池から流れ出る小川。ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメが初めてであった場所。

「逢初川」について
・出逢い:天孫ニニギノミコトが散歩の途中、小川で水汲みをしていたコノハナサクヤヒメを見初められ結婚の申し込みをされた場所と伝えられています。
・日本で初めての仲人:天孫ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメは、仲人のコトカツクニカツナガサノカミによって結ばれ、すぐそばの「八尋殿(やひろどの)」で、3人の皇子と新婚生活をおくりました。
(参考)
・ニニギノミコト:日向三代(ひゅうがさんだい)の一人で、初代神武天皇の曽祖父(そうそふ)にあたります。
・日向三代:ニニギノミコト⇒ホオリノミコト⇒ウガヤフキアエズノミコト(⇒神武天皇)
・3人の皇子:ホデリノミコト(海幸彦)、ホスセリノミコト、ホオリノミコト(山幸彦)。

所在地 西都市大字三宅
駐車場
その他 ※車では侵入できません

周辺地図

このページの先頭へ