観る
遊ぶ
学ぶ
食べる
泊まる
買う

中山棒踊(なかやまぼうおどり)

中山神社大祭に牛馬安全と五穀豊穣を祈って奉納される踊り。

市指定無形民俗文化財

 

中山中山2

牛馬安全・五穀豊穣(市指定無形民俗文化財)

●「中山棒踊」は、旧暦8月の十五夜に中山神社境内で、牛馬安全と五穀豊穣を祈って奉納されていましたが、戦中戦後の約20年の間にわたり一度途絶えてしまいました。その後、昭和45年(1970年)に復活し、現在は毎年11月22日の中山神社大祭で奉納されています。
・踊り手24人、歌い手・鉦打ち4人の28人で編成されており、この踊りには、当時から親鉦1個・子鉦3個が受け継がれ、親鉦は正徳元年(1711年)と年が刻されています。

 

 

所在地 西都市大字山田4602 中山神社

周辺地図

このページの先頭へ