観る
遊ぶ
学ぶ
食べる
泊まる
買う

おいでよ 花のまち 西都市へ-西都の花の紹介

12月の西都原

更新日:2019年12月02日

 

コスモスも終わり、今月7日には、菜の花の植え付けが行われます。

菜の花は、アブラナ科の植物の総称で、大根、キャベツ、白菜などが仲間になります。

アブラナ科の植物は、一説には、弥生時代から栽培されていたようで、油を取ったり、人々の生活に密着していました。

またアブラナ科の特徴として、ある一定期間低温に合うと花芽が出来ます。そして暖かい時期が来ると花が咲く仕組みになっています。

寒い西都原は、菜の花を育てるのには最適な環境なのです。反対に、年中暖かいところでは、菜の花は、咲きにくくなります。

西都原の菜の花は、3月中旬から見頃になり、桜との共演は、見応えがあります。

あの風景を一緒に作るために12月7日に菜の花植えに来ませんか。来られた方には、豚汁の振る舞いとチューリップの球根のプレゼントもありますよ。

 

ワンポイントアドバイス

今の時期に出回るポインセチア。クリスマスに合いますよね。

この花は、水をあまりやらないのが、長く持たせるこつです。

水をやるのは、一週間か十日に一回で大丈夫です。

blogwriter

新着一覧

カテゴリー一覧

  • おいでよ 花のまち 西都市へ
  • フォトアルバム
  • イベントカレンダー
  • 観光ガイド
  • ニニギくん&コノハナちゃん
  • 西都市観光協会facebook
このページの先頭へ