観る
遊ぶ
学ぶ
食べる
泊まる
買う

長谷観音像(はせかんのんぞう)

長谷観音像

大永2年(1522年)の大火により、寺は宝物・古文書などほとんどを失いましたが、三尊像は頭部のみが無傷で残りました。現在の御堂は昭和56年地元の人々の浄財により再建されたものです。

県指定有形文化財

三納の中心地から北方3.2Kmの山頂にあり、その御堂には十一面観世音と脇侍の聖観世音及び勢至菩薩像が安置されています。

所在地 西都市大字三納
駐車場

周辺地図

このページの先頭へ